2023年最新!おすすめAI記事作成ツール5選

AI技術の進化とマーケティングの融合により、AIによる記事作成が現実的な手法となっています。しかし、AIを用いた記事作成ツールの実用性について把握していない方も多いかもしれません。

本記事では、AIを活用した記事作成の内容や利点、利用可能な記事作成ツール、AI記事作成の際の留意点について総括しています。

本記事を通じて、AIによる記事作成の本質を理解し、実務における記事制作に有益な知見を得ていただけることでしょう。

AIによる記事作成は、特定のキーワードやテーマを与えることで、AIが記事の骨子を自動生成する技術を指します。

この技術を用いると、記事のイントロや各セクションの要約などが自動的に生成され、本文も2,000〜3,000字程度であれば数分で作成されます。AIに記事作成を依頼することで、従来のライターによる外注費や制作時間のコストを節約することができます。

生成される文章は、従来の自動作成ツールと比較して非常に高い品質を持っており、人間が書いたかのように自然であり、区別が難しいレベルまで進化しています。このため、AI記事作成の活用領域は今後さらに拡大していくと予想されています。

以下は AI-ChatGPTがあなたの記事の品質を向上させる 5つの方法です。

1. アイデアとタイトルの生成

マーケティング キャンペーンで物語を想像したり構築したりするのが難しい場合は、話題や関連キーワードを思いつき、ChatGPT に記事のアイデアとタイトルを生成するよう依頼できます。 ChatGPT は、設定、人物の物語、感情に関するアイデアなど、記事の方向性に関するヒントを提供できます。

2. 記事の冒頭を書く

ChatGPT には、記事の魅力的で注目を集める導入部の作成を支援する機能があります。 ChatGPT は、創造的な言語表現と多様な文構造を採用することで、特徴的で魅力的な冒頭文の生成を支援します。

3. 適切な単語の見つけ方

ChatGPT には、記事に適切な単語を提案する機能があります。同義語を見つけたり、理解しやすくするために複雑な単語を簡単な単語に置き換えたり、意図したメッセージを正確に表現するための改善されたフレーズを見つけたりするために利用できます。

4. 信頼性の向上

記事は単に単語を並べるだけではなく、記事に説得力を持たせるためには、情報とデータを定期的に調査する必要があります。ChatGPT のおかげで、さまざまなリソースから情報を探すのに時間を無駄にする必要はありません。質問や要求を入力するだけで、ChatGPT が自動的に検索、集計し、結果を提供します。これにより、調査や執筆にかかる時間と労力が節約されます。

5. スペルミスや単語の繰り返しミスを修正し、記事の主題に適したスタイルを提案

ChatGPT には、与えられた提案から新しいコンテンツを作成する機能があるだけでなく、完成した記事をレビューしたり編集したりすることもできます。

AI記事作成ツール5選

2023年現在でおすすめのAI記事作成ツールは以下の5つです。

GPTLUCK
ChatGPT
Catchy
ELYZA Pencil
Articoolo

中には実用的ではないものも含まれています。今後の進化に期待しつつ、現在のAI記事作成ツールがどのようなレベルのものか把握しましょう。

それでは1つずつ特徴や料金について紹介します。

1. GPTLUCK

GPTLUCKは、ChatGPTプラットフォームとデータ管理業務を統合したシステムであり、コンテンツの自動作成、AIチャットボット、ビジネスメール自動生成など、様々な機能にカスタマイズが可能です。主に以下のようなことが可能です。
GPTLUCKの3つの特徴は

1.1。セキュリティ参照対象となるユーザーデータを利用者が指定する環境(オンプレミス、または、クラウド)に保存可能可能。

1.2. 多様な入出ファイル形式を対応参照可能データ形式はPDF、CSV、DOCなど、データ連携方式として、API連携、サイトマップ参照、音声データ入力(Speech to text 機能は現在開発中)、生成データの出力形式は、チャットボット形式、WEBインターフェイス形式などを提供します。

1.3. 各種プラットフォームと連携GPTLUCKはマイクロサービスとして開発しており柔軟性が高く、お客様保有の各種システムと連携が可能です。

Basic版の価格は、導入費用、月間保守費用(5時間)、API利用料などを総合して考えると19.9000円となります。このバージョンでは、主にGPT-3.5を活用し、全機能を利用することが可能です。リクエスト回数は毎月1万回です。また、GPTLUCKにはプロフェッショナルバージョンとプレミアムバージョンの2つのアップグレードオプションがあります。これらのバージョンに関しては、以下のリンクから直接開発者にお問い合わせいただけます。

2. ChatGPT

ChatGPTは、グローバルな研究者やエンジニア向けのオープンソース技術として提供されています。多岐にわたるテキストデータを学習し、質問応答、文章生成、翻訳、要約、推論などのタスクを遂行することができます。
このシステムは対話形式であり、ユーザーが質問やキーワードを提供することで、自然な文章を生成して回答します。その自然な文章生成能力が特に優れています。

基本的な利用は無料で可能ですが、世界中で多くの注目を集めており、時折利用が制限されることがあります。しかし、「Chat GPT Plus」を利用することで、高速にChatGPTを利用することができます。

このサービスは月額20ドルで提供され、本格的にChatGPTを活用したい場合には、課金を検討する価値があります。

3. Catchy

Catchyは、記事のほかにもキャッチコピーやYouTubeの企画、新規事業のアイデアなど、100種類以上のコンテンツを生成する有料のAI記事作成ツールです。
記事の構成案から導入文まで、記事作成に最適なツールといえます。利用料は月額3,000円からで、毎月一定のクレジットが付与され、ツールを利用するごとにそれが消費されます。月額9,800円を支払うと無制限で利用可能です。無料プランもありますので、興味があれば試してみる価値はあります。

4. ELYZA Pencil

ELYZA Pencilは、キーワードを入力するだけでAIが文章を作成する便利なツールです。デモンストレーションモデルでは、ニュース記事、メール文、職務経歴書などを作成することが可能です。法人向けには有料プランも提供されています。
このツールの特徴は、登録したキーワード(2〜8個まで)に基づいて文章を作成する点です。特にメール文の作成においては、どのような内容のメールを送れば良いか迷った際に非常に便利です。

たとえば、「納期」や「申し訳ございません」といったキーワードを入力すると、納期に遅れた際の謝罪文を作成してくれます。

ちなみに、ELYZAは東京大学・松尾研究室出身のディープラーニング専門のプロフェッショナル集団であり、今後のツール開発にも注目が集まることでしょう。

5. Articoolo

Articooloは、AI記事作成ツールの中でも、特に記事制作に特化したツールです。記事を生成するには、関連するキーワードを2〜5個入力します。
無料版では全文がモザイクで隠され、一部の文章しか閲覧できませんが、有料版では全文が表示されます。費用は10記事ごとに19ドルから購入可能です。この料金体系により、1記事あたり1.9ドルで記事を制作することができ、制作費を削減できます。ただし、現時点では日本語版がベータ版となっており、生成された文章の精度は人間の目で確認し修正する必要があるかもしれません。主に記事の骨子作成やアイデアのヒントを得るために活用することがおすすめです。

AIによる記事作成の際の留意点

AIを活用した記事作成のメリットや適用可能なツールについて紹介しましたが、考慮すべきポイントもあります。

1. ファクトチェックが必要

AIは情報を元に文章を生成しますが、その情報が正確であるとは限りません。生成された文章の事実関連を確認することが重要です。

2. 類似した文章が生成される可能性

AIは大量のデータから学習して文章を生成するため、類似した表現や構造の文章が生成される可能性があります。独自性を保つため、生成された文章の独自性を確認することが重要です。

3. 検索エンジンからのペナルティのリスク

生成したコンテンツが重複や品質の低さで検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。適切な品質のコンテンツを生成することが重要です。

4. 文章のクオリティが不均一である可能性

AIは文章のクオリティを保証するわけではありません。生成された文章の一貫性や適切な表現を確認することが必要です。

5. 誤字脱字の検出が難しい

AIは文章の構造や意味を学習するため、誤字脱字の検出が得意ではありません。正確な文章にするため、人間の校正が必要です。

これらの理由から、AIによって生成された文章はそのまま利用する際に注意が必要です。それぞれのポイントを確認しながら適切に活用することが重要です。

AI記事作成ツールを実践的に活用する方法

AI記事作成ツールは、従来の常識を超える効率的なツールであると言えます。ただし、まだ完全に記事制作の業務を置き換えるまでの段階には達していない実情があります。

したがって、AI記事作成ツールは、メディア制作業務の一部を補完するツールとして活用することが重要です。2023年現在、AI記事作成ツールを実践的に活用する方法には以下の3つがあります。

1. リサーチに活用する

AI記事作成ツールは、特定のトピックやキーワードに関するリサーチに活用できます。関連する情報やトピックの概要を瞬時に提供し、初期の情報収集を効率化します。

2. アイデアを出すために活用する

AI記事作成ツールは、クリエイティブなアイデアの発想を支援するのに役立ちます。トピックの枠組みや異なる視点からのアプローチを示唆してくれるため、記事の方向性を検討する際に活用できます。

3. 生成された文章には手を加える

AI記事作成ツールで生成された文章は、そのままではなく、編集や校正が必要です。人間の編集者が生成された文章を確認し、適切な表現や文体に調整することで、クオリティの高いコンテンツを完成させます。

これらの活用方法を適切に組み合わせることで、AI記事作成ツールを実践的に活用し、効率的なメディア制作を実現できます。

AI記事作成ツールを効果的に活用する手法

本記事では、AI記事作成ツールの利点や留意点、お勧めのツール、そして実践的な記事制作における活用手法について述べました。

AI記事作成ツールは非常に便利ですが、まだ完全な成熟段階には達していません。生成された文章をそのまま公表することはリスクが伴います。そのため、ファクトチェックや誤字脱字の確認など、人間の目を介した編集を必ず行うことが重要です。