【必見】GPTLUCKの企業での活用事例5選!

GPTLUCKが登場して以降、多くの企業でその活用が広まっています。しかし、GPTLUCKを活用したいと考えている企業にとって、「どのように活用すれば良いのかわからない」という課題が存在しています。

本記事では、企業がGPTLUCKを活用した事例を紹介し、その有用性について探っていきます。

GPTLUCKでできること

GPTLUCKは、ChatGPTプラットフォームとデータ管理業務を統合したシステムであり、コンテンツの自動作成、AIチャットボット、ビジネスメール自動生成など、様々な機能にカスタマイズが可能です。主に以下のようなことが可能です。

1.チャットボット 

GPTLUCKは自然言語処理の能力を活用して、対話型のチャットボットを構築することができます。ユーザーとの対話を理解し、適切な応答を生成します。

2.投稿作成

GPTLUCKは与えられたトピックや指示に基づいて、魅力的な文章や投稿を作成することが可能です。適切な文体や情報の整理を行い、クリエイティブなコンテンツを生成します。

3.会議の議事録

GPTLUCKは音声やテキストの入力をもとに、会議の議事録を作成する支援を行います。議論の要点や重要な意見をまとめ、適切なフォーマットで議事録を作成します。

4.ブログ作成 

与えられたテーマや要件に基づいて、興味深いブログ記事を作成することが可能です。読者の興味を引く内容や適切な情報を提供し、魅力的なブログを構築します。

5.メルマガ作成 

GPTLUCKは定期的なメールマガジンのコンテンツ作成を支援します。興味深いトピックやニュースを取り上げ、読者に価値のある情報を提供するための文章を生成します。

これらの機能を利用することで、GPTLUCKは様々なコンテンツ作成やコミュニケーションのニーズに対応し、効率的で魅力的な成果を提供します。更に、企業は業務の効率化や顧客サービスの向上など多くの利点を得ることができます。

以下は、GPTLUCKを活用した具体的な事例です。

企業でのGPTLUCKを含めた生成AIの活用状況

1. 不動産会社運営業務向けFAQ回答システム

大手システムインテグレータのお客様向けに、不動産会社の運営業務向けFAQ回答システムを開発いたしました。プロジェクトの概要は、不動産会社が運営するさまざまな業務に関するFAQ回答システムを構築することでした。このシステムは、クラウドインフラ環境としてAzureを利用し、開発期間は約1〜2か月で完了しました。

このFAQ回答システムの目的は、豊富な不動産関連情報に基づき、顧客の疑問や関心事に適切に応える設計となっています。顧客がいつでも、自分の疑問に対する解答を得られることです。

このシステムの導入により、不動産会社は24時間365日、顧客からの疑問や問い合わせに対応可能な状態を実現しました。また、システムの運用開始後には、顧客のフィードバックや利用状況を分析し、システムの改善を進めています。顧客のニーズの変化や新たな疑問にも迅速に対応するため、継続的な改善が行われています。

このプロジェクトの成功により、お客様のビジネスにおける効率性が向上し、顧客満足度が高まりました。今後もお客様のニーズに適応した最適なソリューションを提供し、より良い顧客体験を実現していく所存です。

2. 日本政府の介護、介護保険に関するデータを高速検索するシステム

介護業務向け製品を開発する大手企業向けに、日本政府の介護および介護保険に関連するデータを高速で検索するシステムが開発されました。このプロジェクトの目的は、介護業務におけるデータの効率的なアクセスを実現し、製品の開発効率を向上させることです。プロジェクトの展開期間は1ヶ月で、クラウド環境としてAWSが利用されました。

システムは、日本政府の介護関連データを高速かつ効率的に検索する機能を提供します。これにより、介護製品の開発において必要なデータにスムーズにアクセスできるため、製品の設計や機能の最適化が迅速に行えます。また、政府の介護政策や法令に関連するデータを迅速に取得することで、製品の準拠性や適合性を確保する役割も果たします。

AWSのクラウド環境を活用することで、システムは高いスケーラビリティとセキュリティを確保しつつ、効率的にデータ検索を行います。このプロジェクトの成功により、介護業務向け製品の開発効率が向上し、製品の品質や適合性に貢献しています。今後もデータ活用技術の発展を取り入れながら、介護業界への貢献を続けることが期待されています。

3. ローコードプラットフォームERPシステムのデータを取り込み、GPTLUCKの環境で日本語を整理するシステム

システムインテグレータ企業向けに、ローコードプラットフォームERPシステムのデータを効率的に整理するプロジェクトが進行されました。このプロジェクトの目的は、GPTLUCKを活用して日本語データを整理し、将来的な分析や意思決定の支援に活用することです。展開期間は1ヶ月で、クラウド環境としてAWSが利用されました。

システムは、ローコードプラットフォームERPシステムから取り込まれた多様なデータをGPTLUCKの環境で処理し、日本語データを効率的かつ適切に整理します。これにより、データの構造化や意味抽出が向上し、組織はより洞察に富んだ分析を行えるようになりました。また、整理されたデータは意思決定のプロセスを支援するために活用され、ビジネス戦略の立案や展開に貢献しています。

AWSのクラウド環境を利用することで、システムはスケーラビリティとセキュリティを確保しつつ、効率的にデータ整理を行います。プロジェクトの成功により、システムインテグレータ企業はデータ活用の効率化と品質向上を達成し、競争力強化に一役買っています。今後もデータ活用技術の進化を取り入れながら、さらなるビジネス価値の創出を目指すでしょう。

4.  エンド顧客の会社紹介データ、案件のパラメータを入力データとして、お祝いメール、メルマガ、提案書を自動生成するシステム

上場グループの営業子会社向けに、エンド顧客の会社紹介データや案件のパラメータを活用するシステムが開発されました。このシステムは、お祝いメール、メルマガ、提案書を自動生成し、効率的なコミュニケーションを実現します。プロジェクトは2ヶ月という短期間で開発が完了し、お客様のオンプレミス環境に展開されました。

このシステムにより、営業担当者はエンド顧客向けのコミュニケーション作成を手間なく行えます。会社紹介や提案内容に即したカスタマイズされたコンテンツが自動生成され、効率的かつタイムリーな対応が可能となりました。

さらに、お客様のオンプレミス環境での展開は、セキュリティとデータ管理の観点から重要です。システムは顧客の要件に適合するようにカスタマイズされ、安全かつ信頼性の高い運用が実現されています。このプロジェクトは、営業活動の効率化と顧客対応の最適化に成功した優れた事例と言えるでしょう。

まとめ

GPTLUCKはChatGPTを活用した多岐にわたる機能を統合したシステムであり、企業はこれを活用することで業務の効率化やサービスの向上が可能です。本記事で紹介した事例は、その一部に過ぎません。ChatGPTとGPTLUCKの活用は、今後もますます拡大していくことが予想されます。企業はこのテクノロジーを上手く活用して、ビジネスの未来を切り拓いていくことが求められています。